マーケティングキャンパス 基礎から実践までBtoBマーケティングを学ぶサイト

Loading

ホーム > 書籍紹介 > 失敗の本質―日本軍の組織論的研究

失敗の本質―日本軍の組織論的研究

著者:野中 郁次郎, 戸部 良一, 寺本 義也, 鎌田 伸一, 杉之尾 孝生, 村井 友秀カテゴリー:戦略論
書籍解説

1984年に刊行された戦略論の名著。防衛大学校の講師を中心とした戦略論のエキスパート達が日本軍は何故負けたのか、どこで負けたのか、戦略・戦術のどこに過ちがあったのかを鋭く解説して、戦略の本質を探っている。

ノヤンのつぶやき

ノヤン 太平洋戦争の日本軍の判断を検証した本なんじゃが、失敗や敗退の本質に迫る名著として、経営戦略に関わる人間には必読の一冊と言えるじゃろう。読んでいて胸が痛むのは、この戦争の失敗を今も繰り返している日本企業が多いことじゃな。「あいまいな戦略目的」「戦力の逐次投入」「補給線の確保を後回し」などなど・・・。この10年で日本企業が負け続けている姿がそのまま書いてあるんじゃ。でも、だからこそここから学ばなければいかんのじゃよ!

ご購入はこちらから

人名辞典