マーケティングキャンパス 基礎から実践までBtoBマーケティングを学ぶサイト

Loading

ホーム > 講座 > マーケター日記 > 明確にすべき3つのポイント

2006.09.26

マーケター日記【初心者向け】

明確にすべき3つのポイント

販促活動をプランニングする際に、まず考えなければいけない3つのポイント。それらの柱をたてて、見かけ倒しにならない企画を考えよう。

マーケティング部に異動になったSに突然、新商品の販促プランという課題が与えられた。何をどうして、どうやってプランニングしたらいいのか全くわからず頭を抱えていた。

Sは考えるよりまずは行動、と商品を売る営業マン達に話を聞き、営業マンから提案された販促プランを自分なりにアレンジし、大まかなスケジュールとあわせてプレゼンに備えた。

プレゼン当日―。発表を終えたSは、先輩の発表する他の新製品のプランに驚いた。具体的な数値とその数値にあわせたスケジュールを出しているじゃないか!

「君と先輩達の販促プランの違いはなんだと思う?」

会議を終え愕然としていたSに部長が声をかけてきた。

「具体的な数値、スケジュールが出せてないところでしょうか・・・」

自信なさげに答えるS。

「それもそうだが、具体的な数値やスケジュールを出すためにはもっと大事なコトがあるんだ。」

何のことだかさっぱり見当もつかない。

「マーケティングをする上で絶対に必要なことが3つある。」

3つってなんだろう?! と考えていると部長は言う。

「ターゲット・キーワード・ソリューションだよ。」

例えば、会計ソフトのターゲット、キーワード、ソリューションを考えてみる。
会計ソフトは経理・財務関係の人が会計処理の際、帳票作成や税務処理を簡単にできることを目的としている。

  • ターゲット(誰の)=経理・財務関係の人間

  • キーワード(どんな問題を)=わずらわしい税務処理や会計処理を

  • ソリューション(どうやって解決するか)=時間や手間をかけずに

まず、この3つを最初に明確にする。
でないと販促プランをどんなに考えても、ターゲットがずれていたり、的外れのキーワードをちりばめたりしたプランになってしまう。

なるほど、先輩達はそこが明確になっているから具体的な数値プランとスケジュールが引けるのか!
今まで、セミナーや広告など、表面的な販促プランを考えることにばかり気をとられていた。まずは自分の売りたい商品のターゲット、キーワード、ソリューションを明確にすることが大事!もう一度新商品の販促プランの練り直し決定だ。

Sの奮闘はまだまだ始まったばかり。