マーケティングキャンパス 基礎から実践までBtoBマーケティングを学ぶサイト

Loading

ホーム > 講座 > マーケター日記 > メルマガ道は一日にして成らず!?

2006.12.15

マーケター日記【初心者向け】

メルマガ道は一日にして成らず!?

誰もが1度は読んだことのあるメールマガジン。実際に書くとなると知らないことがたくさんあるのです!

「メールマガジンの原稿作成が嫌い」と言っていた先輩とは反対に、文章を書くのが好きなT。新しく始まるメールマガジンの担当を決める会議で「私にやらせてください!」と積極的に手を挙げた。

しかし、担当になってはみたものの、メールマガジンという類の文章は作成したことがない。試しに書いてみたもののどうもすっきりしない。
参考にしようと見てみた他社のメールマガジンのフォーマットは多種多様。何に注意したら良いのか・・・?

そうだ!先輩が作ったレジュメを見てみよう!

POINT
  • 1行に長々と書き続けない

  • 用語を統一する(例:セキュリティー・セキュリティ等)

  • 読みやすくする為に空白を多めにとる

なるほど・・・ポイントは『読みやすさ』にあるのか。多くのお客様に読んでもらうには、普段メールを書く時以上に見栄えは大事だな、と思いながら読み進む。

次の項目を見て驚く。
・・・うん?

  • タブや全角スペースを使用しない

  • URLの前後に半角スペースを入れる

  • 必ず配信停止先、問い合わせ先、リストの入手先を明記する

普段メールを書く時には、見やすさを考えて全角スペースやタブで体裁を整えるし、URLを貼り付ける時だってそのままコピペだ。
配信停止先の記載?普段のメールでは、気にも留めないルールだ。

「なぜ全角スペースやタブを使用してはいけないんですか?」

「全角スペースやタブを使うと、メールソフトによっては意図したように表示されないことがあるの。せっかく綺麗に作るんだから、誰が見てもずれないようにしないとね。」

「なるほど・・・。」

第一の驚き。
更に衝撃の事実は続く。

「URLの前後に半角スペースを入れないとメールソフトによってはURLとして判別してくれず、前の行や次の行の文章にくっついてしまう場合があるの。」

そういうことなのか。
メールマガジンを読むお客様がどんなメールソフトを使用しているかは、わからない。
誰が見てもきちんと読めるようにするには、そこまで考慮しなればいけないのか!
忘れないようにマーカーを引くT。

「あと、なぜリストの入手先まで表記しなければいけないのですか?」

「個人情報保護法が施行されたでしょ?だから、なぜ自分にこのメールが送られているかを明記しないといけないの。なぜ自分に届いているのか不思議に思うメールマガジンってあるじゃない?」

「ちゃんと記載しておかないとクレームの原因にもなりかねませんね・・・」

「そう。あと、配信停止やお問い合わせ先も忘れないでね。これも明記していないと配信停止を希望している人が困ってしまうから。」

「わかりました。今教わったことに気をつけて、今から原稿を書いてみます!」
と元気よく答えたTに対して先輩から一言。

「あっ、今回のメールマガジンは私が書くから。」

「・・・せっかく書き方を習ったので私に書かせてください!」

「17:00の入稿に間に合うの?」
え?時計を見て驚く。あと1時間しかない!!

「まだまだメールマガジンの書き方基礎編!実践にはちょっと時間が足りないわね。次回はお願いするから頑張りましょう!」

次はどんなポイントが待ち受けているのか。Tのメールマガジンデビューはまだまだ遠い・・。