マーケティングキャンパス 基礎から実践までBtoBマーケティングを学ぶサイト

Loading

ホーム > 講座 > マーケター日記 > メルマガ道は一日にして成らず!? その2

2007.01.22

マーケター日記【初心者向け】

メルマガ道は一日にして成らず!? その2

次は実践!2つのポイントを抑えてライティングスキル、クリック率をアップさせよう!

メルマガの書き方を教わったものの、時間が足らず実践にはいたらなかったT。
次の配信日が近づき、いよいよメルマガを書き始めるが、いざとなると・・・。

前回先輩にメルマガの書き方の基礎編を教わり、細かな約束事は理解できた。さっそく先輩から実践編のポイントを教えてもらうことにした。

「メルマガの目的は、いかに読者にメルマガ内にあるURLをクリックさせるかなの。そのために大切なのは2つの『I』。IndexとInvitationだよ。」
メルマガの大きな役割は2つの『I』か。まずは見てもらいたいWebサイトのIndex、そしてそこへ誘導するための文章。なるほど・・・。

「そして書きすぎてはダメ。全部説明しちゃったら、Webサイトを見る必要がなくなってしまうでしょう?いいところで止めて、続きをWebサイトで読んでもらうことが重要なの。それと1行は32文字〜35文字くらいにしてね。それくらいだと、どんなメールソフトでもだいたい1行で見られるから。」

今までメルマガの文章というものは、基本的に相手に何かを伝えるもの、きちんと説明するものだとばかり考えてたのに、まるで違う!もっと読みたい、詳しく知りたい、という欲求を相手に喚起させるのがポイントなのか。そしてまたメールソフトの注意点だ・・・。

「そして一番重要なのが、Subject。ここで興味を惹きつけなければ、即ごみ箱行きになってしまうから。」

確かに自分の受け取っているメールもSubjectしだいで、読んだり読まなかったりだ・・・。

「まずメールを開封してもらうには、具体的な要素を入れること。企業名、製品名、数字などなど。特に数字はインパクトがあるの。」

なるほど、バーゲンで30%オフと言えばついつい見てしまうし、2週間で-5kg減量!なんて書いてあったら絶対読んでしまう。つい読みたくなるSubjectか・・・ますます難しくなってきた。

今までなんとなく読んでいたけど、メルマガは本当に奥が深い!書き手が伝えたいことにばかり気持ちが向かってしまうけど、読み手が知りたいこと、興味を持つことを書かなければ!

「あ、初めは本当にたくさん添削されるからね。自分が書いた文章が採用されなくてもめげないように!とにかく書くことが大事だよ。」

「・・・ですよね。」

やっぱりメルマガライティングは難関だ・・・。でもポイントもわかったし、がんばって書くぞ!

険しいメルマガ道の第一歩を踏み出したTであった・・・。