マーケティングキャンパス 基礎から実践までBtoBマーケティングを学ぶサイト

Loading

ホーム > 講座 > マーケター日記 > メール配信ASPの利用をしたい。数ある業者から何を基準に選定すべきだろうか?

2008.01.25

マーケター日記【初心者向け】

メール配信ASPの利用をしたい。数ある業者から何を基準に選定すべきだろうか?

メール配信に関するサービスは、年々増加する一方。数あるサービスの中で、どこに目を向け選ぶべきなのでしょうか?

年度末を控え、来期の予算作成のため、現在の費用の見直しをすることになったK社。
今利用しているDM発送サービスやWebサイトの制作費用の見直しに加え、この機会に今まで自社で行っていたメールマガジンの配信作業をASPサービスの利用に変更しようという動きが出てきた。そこで新人Nは、メール配信のASPサービスについて、比較検討することになった。

Nは、まずASPサービスの価格帯を調べてみることにした。
何件か見て、金額の安いところをいくつかピックアップし、先輩に見てもらえばいいかなぁと、のんびりリサーチを始めたNは、早々に壁にぶつかってしまった。

「企業によって、価格設定がぜんぜん違う。初期費用をとって見ても保有リスト数で金額が違う。運営にかかる費用も月に配信する総数だったり、月額固定の費用だったり・・・。これを比較するって、結構大変だ!」

自社の保有リストや配信頻度を踏まえて資料作りを始めてみたものの、付加されるサービスも様々で、いまいちどこのサービスがいいのかわからない。サービス比較のサイトも見てみたけれど、どれが一番K社にマッチしているのか、どんどんわからなくなってしまった。

しかたなくNは、半ばお手上げ状態で、先輩に相談してみた。

「先輩、サービスの数が多すぎて、何がいいのかよくわからなくなってきました・・・。」と途中まで作成した資料を見せながら聞いたNに、先輩は笑いながら答えた。
「そうでしょう?私も前に挑戦して、わからなくなって結局自社でやることにしちゃったの。」
「そんな!ひどいですよ!」

先輩に聞いたところ、前回の調査のときには、いくつかの企業をピックアップしてサービス説明を聞いたけど、結局決め手に欠け、そうしている間にイベントシーズンがやってきてしまい、もう少し自社で対応しようということになったらしい。

前回調査で選定のポイントとなったのは、

  • 費用

  • 運用できるようになるまでの期間

  • 利用する際の自分たち作業負荷

  • サポート体制

の4つだったという。先輩の「価格はどこもほとんど変わらなかったけれど、結局運用するのは自分たちだから、現実的に運用できるかどうかがわからず決められなかった。」という言葉が気になるところだ。

Nは価格の手ごろな、5社のASPサービスの話を聞いてみることにした。話のポイントは去年先輩が選定のために決めたポイントに絞ってみた。
NはどのASPサービスも機能的にも運用的にもK社の条件を充たしているように思えた。
「なぜ、先輩は去年そんなに悩んだのだろう?どのサービスをとってもうまくできそうな気がするのに・・・・」

Nは更に3社に絞って、先輩に報告することにした。
「先輩。どのASPも結構いいですね。その中でもこの3社に絞ってみました。価格的にもちょうどいいし。サポートセンターもあるので問題なさそうです。」

すると先輩は、
「セキュリティは大丈夫?最低でもPマークがないと使えないことは知ってるわよね?」
そういって、3社のうち1社が却下された。

「新規のデータ登録プロセスや、重複データの名寄せプロセスはどうなってるか確認した?」
「たぶん大丈夫だと思います。そういう機能があることは確認済みです。」

「それからうちのマーケティングは、製品によってターゲットが違うから、それぞれ違うメールを出さないといけないの。メールの配信条件が毎回変わることに対応できるかどうか確認してる?それから、それに伴うコストは?」

「すみません。そこは確認していません」

「去年の話をしたでしょ?見える部分だけで比較するのではなく、もっと細かく自分たちの運用に照らし合わせて聞いてみないと・・・。話を聞いたときに『こういう場合はどういう風にやるのですか?』とか、今の運用と照らし合わせて、できるかできないか確認しなくてはイメージすらつかないでしょ?」

「一番重要なのは、私たちがやりたいことを実現できること。そこを忘れないようにね!」と先輩からも言われた通り、そこだけはぶれないようにしなくては! と、もう一度業者選定のやり直しに気合の入るNであった。