マーケティングキャンパス 基礎から実践までBtoBマーケティングを学ぶサイト

Loading

ホーム > 講座 > ノヤン先生のマーケティング講座

ノヤン先生のマーケティング講座

データベースマーケティング一筋に、20年以上も研究を続けてきたミミズクのノヤンがお届けする、アカデミックなマーケティング講座です。このシリーズでは企業のマーケティング担当者が理論武装するための基礎理論が学べます。

中級者向け

ジェフリー・ムーアとマーケティングバイブル

ハイテクマーケティングのバイブルと言われる「キャズム」。その著者であるジェフリー・ムーアとはいったいどんな人なのか。
ジェフリー・ムーアの人となりと、そのキャリアをノヤン先生が語ります。

2014.02.18

プル型への転換はマタギの狩猟法に学べ!

多くの企業が失敗しているプル型セールスへの転換。そのヒントはマタギの狩猟法から得られることをノヤン先生が紹介します。

2013.11.18

マーケティングオートメーションの現在と近未来

第三世代のSFAと共に急成長したマーケティングオートメーションが今、大手企業からの買収ターゲットになっている。その俯瞰図と日本市場への影響をノヤン先生が解説します。

2013.10.18

日本のBtoBリードジェネレーションでの展示会の位置づけは

あまり知られていない事ですが、展示会に来場する人は3重4重のスクリーニングが掛かった貴重な見込み客なのです。だから、もしその展示会に、自社の製品やサービスのターゲットが来場しているのなら、そこで収集したリストを活用する仕組みを持たない自分たちに問題があると考えて、早急に改善すべきなのです。

2013.09.02

ポジショニングとトレードオフの関係をマイケル・ポーター博士の視点で見てみよう

戦略ポジションを守れた企業と守れなかった企業の違いは「トレードオフ」。つまり戦略的に「何を捨てたか?」と言う事。
何かを捨てなければエッジが立たず、競合にあっという間に模擬されてシェアを奪われてしまうという事をノヤン先生が解説します。

2013.07.29

失敗から学ぶ、知識と実戦でマーケターを養成する仕組みが必要な理由

間に合わなければ「無理」になるし、早過ぎれば「無駄」になる。知識を学ばせただけで実戦の場を用意しないでMBAホルダーを流出させた日本企業がその失敗をマーケティングで繰り返さないために今すべきことは・・・。

2013.05.09

BtoBマーケティングは科学と感性の融合したクリエイティブな世界

目的は売上げを創ること、その手法がBtoBマーケティング、いろいろなソフトウェアはその道具のひとつに過ぎず、道具を導入することはゴールではなく「スタートの準備」だということをノヤン先生が解説します。

2013.03.22

マーケターのキャリアパスとその問題点

マーケティングをどこで学び、どこで力を発揮するか?日本におけるマーケターのキャリアパスをノヤン先生と考えてみましょう。

2013.01.31

営業の気持ち、マーケの気持ち ─こんなに違うマインドセット─

マーケティングと営業は「前工程と後工程」の関係。前工程の仕事やアウトプットを後工程が評価するのは当たり前の事なのですが日本ではなかなかそう上手くいっていない、という現状をノヤン先生は解説します。

2012.11.05

今こそ学びたい、T・レビット博士の歴史的な名論文「マーケティング近視眼」

50年前に世界を驚かせた論文「マーケティング近視眼」を透して今のマーケティングを見てみれば・・・。

2012.09.10

成果を出したければWebとデータを分離するな!

【マーケティングの基本設計】と【データマネージメント】【コンテンツマネージメント】、そして【アナリティクス】までを一体で行う事でしか最高の成果を出せない理由をノヤン先生が例を挙げて解説します。

2012.08.03
LDO

コトラー博士の最も偉大な3つの功績

知ってるようでちゃんとは知らないし、実はあんまりしっかり読んでない・・・でも知らないと恥ずかしい。そんなコトラー博士をノヤン先生が判りやすく解説します。

2012.07.02

300万円が一瞬で無価値になる展示会お礼メール

日本の展示会と欧米の展示会の違いは「桃クリ3年、柿8年・・・」だった。意思決定プロセスの違いや、展示会後のフォローで良く間違えるポイントをノヤン先生が解説します。

2012.06.04

アトリビューション分析と日本のBtoBマーケティングの意外な関係

「稟議」が支配する日本のBtoB。その中でアトリビューション分析はどう使われているのか?ボトムアップ型の意思決定でのデータマネージメントや行動分析の難しさをノヤン先生が解説します。

2012.05.07

ヘビーローテーション

マーケターのもっとも重要な仕事のひとつ「ポジショニング」。その手法のひとつ「ヘビーローテーション」はターゲットセグメントに効率良くメッセージをインテグレーションするのです。ヒット曲の名前だけではありません。

2012.03.27

日本企業の危機の原因は「マーケティングの貧困」にあり!

マーケティングナレッジの蓄積を怠った日本企業は、太平洋戦争の日本と同じ道を辿りつつある・・・。その怖い俯瞰図をノヤン先生が解説します。

2012.02.27

BtoBマーケティングを箱根駅伝に例えれば

箱根駅伝ではエース区間の第2区、しかし日本のBtoBマーケティングでは、長い間そこはスポットライトの当たらない地味な区間でした。でも、これからはここがエース区間になる。その理由をノヤン先生が説明します。

2012.01.23

マーケティングのエコシステムは森林に学べ

最近、経営戦略やマーケティング関係でよく耳にする言葉に「エコシステム」というのがあります。直訳では「生態系」。さて、これはどんな意味なのか?ノヤン先生が森の生態系をモデルにエコシステムを説明します。

2011.11.28

営業の生産性を左右するSFA

日本でも加速度的に進むSFAの導入。でも、「可視化」はあくまで手段であって目的ではありません。目的は「営業の生産性を上げる事」。その違いをノヤン先生が解説します。

2011.10.24

BtoB企業のマーケティング人選のポイント

日本のBtoB企業のマーケティング部門にはどんなスキルを持った人材が必要なのか?それは「設計スキル」と「コミュニケーションスキル」・・・。ノヤン先生がそれぞれを詳しく解説します。

2011.09.26