マーケティングキャンパス 基礎から実践までBtoBマーケティングを学ぶサイト

Loading

ホーム > 特集 > 出版記念 ノヤン先生のマーケティング学

2014.04.23

ノヤン先生のマーケティング学

ノヤン先生のマーケティング学

著者:ノヤン先生・庭山一郎
出版:翔泳社
刊行:2014年4月22日
定価:1,900円(税別)
書籍情報はこちら

概要
マーケティングキャンパスの
大人気コンテンツがついに書籍化!

マーケティングキャンパスの「ノヤン先生のマーケティング講座」。30年近くマーケティング一筋で研究を続けるミミズクのノヤン先生が、マーケティングの基礎理論をわかりやすく解説してきた大人気コンテンツです。そんな連載がついに書籍化!マーケティングの歴史を彩る偉人から、そのフレームワーク、組織やキャリアまで、ノヤン先生が時にアカデミックに、時に実践的に語ります。

Special Interview

出版を記念して、ノヤン先生に現在の想いや読者の方々へのメッセージなど、インタビューを行いました。

―ノヤン先生、このたびは出版おめでとうございます。
「ノヤン先生のマーケティング学」は、どのような内容なのか教えていただけますか?
ノヤン先生

マーケティングの歴史を創ってきたレビット、コトラー、ドラッカーやポーターなどの紹介から、古典的で普遍的なフレームワークと現代への応用、マーケティングに関わる人のキャリアデザインなどとっても多岐にわたる内容なんじゃ。それにバックナンバーをまとめただけではなくて、かなり加筆修正しておるんじゃよ。

―書籍化にあたって、何かきっかけがあったのでしょうか?
ノヤン先生

ありがたい話なんじゃが、かなり溜まったバックナンバーをプリントアウトして社内で回覧している人などもおっての、書籍化して欲しいという読者の声が出版社に届いたらしいんじゃよ、まったく感謝という他ない話じゃの。

―なるほど。では、この本はどのような方に読んでもらいたいですか?
ノヤン先生

少しでもマーケティングに関わる人に読んで欲しいと考えておるんじゃよ。企業の中でマーケティングを担当している人、経営者、経営企画に関わる人、営業マネージャー、そして、販売促進やイベントに関わる人などじゃな。

―最後に、マーケティングキャンパス読者の皆さまにメッセージをお願いします。
ノヤン先生

この本は現役のマーケターが現場で書いた本なんじゃ。そこが最大の特徴かも知れんの。企業の中でマーケティングを実践している人には多くの障害や問題が立ち塞がり、理論武装して周囲を説得しなければ前に進めないもんじゃ、そんな時にこの本を紐解いて、しっかりと周囲を説得し自分の会社のマーケティングを前に進めて欲しいと考えておるんじゃよ。

ご購入はこちらから