マーケティングキャンパス 基礎から実践までBtoBマーケティングを学ぶサイト

ホーム > 用語集 > か行 > コンテンツマーケティング

コンテンツマーケティング

用語解説

コンテンツマーケティングとは、収益を生む可能性のあるユーザーに、価値ある情報を提供し続けることで、ユーザーを引き寄せ、ニーズを育成することによって、最終的な購買に導くコミュニケーション戦略のこと。日本では2015年頃から注目されはじめたが、概念自体は古くから存在している。

ノヤンのつぶやき

ノヤンここ数年で欧米でも日本でも使われるようになった言葉なんじゃが、定義が曖昧でワシも説明に困ることがあるんじゃよ。少なくとも「オウンドメディアを運営している企業に対して、クラウドソーシングで安価にコンテンツを提供すること」などとは記憶しない方がいいじゃろ。なにしろマーケティングでコンテンツを使わないことなんてないし、それどころか昔から「Content is King」と言われておったんじゃからの。もう20年以上も前の1996年には、マイクロソフトの創業者ビル・ゲイツが自分のブログの中ではっきりと「Content is King」と書いておるんじゃよ。
という訳で大事なことではあるんじゃが、新しい概念ではないということは確かじゃな。