マーケティングキャンパス 基礎から実践までBtoBマーケティングを学ぶサイト

ホーム > 講座 > ノヤン先生のマーケティング講座

ノヤン先生のマーケティング講座

データベースマーケティング一筋に、20年以上も研究を続けてきたミミズクのノヤンがお届けする、アカデミックなマーケティング講座です。このシリーズでは企業のマーケティング担当者が理論武装するための基礎理論が学べます。

中級者向け

今だからSTP ─Back to the Basic─

新製品が売れない、戦略商材としてリリースしたサービスが普及しない、その理由の多くは“乗せる市場を間違っている”ことです。なぜ間違えるのか?それは、マーケティングの最も原典的なフレームワークであるSTPを知識としては知っていても力として使いこなせないからなのです。

2021.01.26

相棒と書いた6冊目の本で伝えたかったこと

2020年8月に出版された6冊目の本「BtoBマーケティング偏差値UP」を書くに至ったきっかけを、著者の相棒で共同執筆者でありながら、鳥類であるが故に著作人格権を持てないノヤン先生が解説します。

2020.08.18

ファネルの物語【後編】

フレームワークやモデルは実務家にとってはある種の道具ですから、目的に合わせて使い分ければ良いし、自分に合ったものを選ぶことはどの世界でもとても重要なことです。しかし理解していなければ、最適なものを選ぶことも正しく評価することも出来ないはずです。今回はBtoBマーケティングには縁の深い「ファネル」とその歴史を、2回にわたってノヤン先生が解説します。今回は第2回となる後編です。

2020.04.07

ファネルの物語【前編】

フレームワークやモデルは実務家にとってはある種の道具ですから、目的に合わせて使い分ければ良いし、自分に合ったものを選ぶことはどの世界でもとても重要なことです。しかし理解していなければ、最適なものを選ぶことも正しく評価することも出来ないはずです。今回はBtoBマーケティングには縁の深い「ファネル」とその歴史を、2回にわたってノヤン先生が解説します。

2020.03.09

コンサルがまともでもMA導入が失敗している理由

日本のMA元年であった2014年以来、外資系、国産を合わせると、一度はMAを導入した経験を持つ企業は4000社を超えると言われています。しかし、そのほとんどは未だ売上げに貢献するに至っていません。では、MA導入に際してどんなコンサルタントを選択すれば成功の確率は高くなるのか?ノヤン先生がコンサル選定のコツを解説します。

2019.11.11

サブスクモデルが生み出したBtoBマーケティングの二極化

Sansanの華々しいIPOをきっかけに、BtoBマーケティングに新しい潮流が生まれました。それが既存のマーケティング戦略をどのように変えたのか、また変わらないものは何なのか、ノヤン先生が語ります。

2019.09.09

ABMが適した企業と商材。必要なノウハウと組織、ツールとは(ABM:後編)

ABMが向くターゲットと向かないターゲット、ABMに取り組むべき企業とそうでない企業や商材、そして必要なノウハウと組織、ツールについて、ノヤン先生の経験を基に解説します。

2019.07.29

ABMはリトマス試験紙。多くの企業が導入に苦労している理由(ABM:前編)

言葉だけ先行してしまった感があるアカウントベースドマーケティング(ABM)。これを導入して成果を出すために大事なことを、ノヤン先生が前編と後編に分けて掘り下げます。

2019.06.10

BtoBでは、カスタマーがあまりジャーニーしてくれない理由と対策

BtoBマーケティングにおいて、「カスタマージャーニー」ではなくて「企業の奥深くで突然あるいはひっそりと発芽したビジネスチャンスを見逃さないで感知する仕組みの構築」に重きを置いている理由をノヤン先生が解説します。

2019.03.11

BtoB企業のマーケティング部門の適正規模の話

自分の会社はどんな規模のマーケティング部門を持つべきなのか?人員は、予算は、権限は?と考えている企業が多いと思います。なかなか答えが見つからないこの疑問にノヤン先生がお答えします。

2019.01.16

ドードーにならないために今、日本企業がすべき3つのこと

17世紀に絶滅したドードー。私には「ノロマ」という意味の名を持つこの鳥の運命と、日本企業が重なって見えるときがあります。マーケティングという翼を退化させてしまった日本企業が、どう生き延びるのか、をノヤン先生が解説します。

2018.11.05

BtoBマーケターが嫌われる理由 ─知識についての正しい知識─

マーケティング部門やその部門の人が社内で嫌われてしまう原因のひとつに「知識」があります。「もの識り」などと呼ばれる知識を多く持つ人は社内の尊敬を集め、頼りにされ、問題を解決し、素敵な人生を送っているものと思いがちです。しかし、現実にはその逆で「知識」が災いを呼んですっかり嫌われて仕事がうまくいかない人の方がはるかに多いのです。その理由は、そして対処法は?知識についての正しい知識をノヤン先生が自戒を込めて解説します。

2018.09.07

奇襲と強襲、その効果と事例を古今から紐解けば

戦争でもビジネスでも、攻撃の戦術の中に「奇襲」と「強襲」があります。自社が新しい市場に参入する時、それが奇襲なのか強襲なのか、それぞれで異なる作戦やロジスティクスを設計しなければなりません。という戦術の話をノヤン先生が例を挙げて説明します。

2018.07.09

未来予測のカギを握る「データコンバイン」と「リアルタイム」

BtoBマーケティングのバズワードにもなっている「Predictive Analytics」。なぜ今、これが重要なのかを「データコンバイン」と「リアルタイム」というふたつのキーワードでノヤン先生が説明します。

2018.06.07

SIerが作ったパッケージが“さっぱり売れない”理由

パッケージベンダーとシステムインテグレーター(以下、SIer)は、同じようにコンピュータシステムを扱うビジネスでも、まったく違うビジネスモデルです。それを忘れた結果、リリースはしたもののさっぱり売れず、また売り方も分からずに放置され、利益が出た年に特損で処理されるパッケージが無数に存在しています。
そのメカニズムと対応をノヤン先生が解説します。

2018.04.19

きれいなデータはどこにある?

日本企業は過去20年にわたって、フロントサイドと呼ばれる販売・営業分野でのシステム投資に膨大な金額と工数を投資してきました。しかしその多くはお茶を濁して塩漬けになっています。その理由はデータマネジメントの難しさを過小評価しているからなのです。その結果現場がどうなっているのかを、ノヤン先生の経験から解説します。

2018.03.22

好景気の罠にハマる日本のBtoBマーケティング。ではどうすれば?

ようやく日本のBtoBマーケティングに夜明けが来たと思ったら、意外にも好景気に足を引っ張られている現状があります。このパラドックスと対策をノヤン先生が解説します。

2018.02.22

米国ではMAの話題が少なくなっている?その理由と未来は

最近、米国のニュースやカンファレンスでの出展などで、明らかにMAを見ることが減っています。この背景とこれからをノヤン先生が解説します。

2018.01.25

BtoBマーケティングオーケストレーションとは

シンフォニーマーケティングの社名の由来にもなった「オーケストレーション」という組織のデザイン思想をノヤン先生が自身の体験から語ります。

2017.07.26

デマンドセンターから進化したパートナー支援のかたちPRM

メーカーにとって、販売代理店の営業をいかにモチベートし、営業支援するかは極めて重要なテーマです。そのためのプロセスであり、ソリューションであるPRMをノヤン先生が解説します。

2017.04.20