マーケティングキャンパス 基礎から実践までBtoBマーケティングを学ぶサイト

ホーム > 用語集 > た行 > データドリブンマーケティング

データドリブンマーケティング

用語解説

データドリブンマーケティングとは、売上データや顧客情報データ、Webアクセス解析で得られたデータなどに基づいて、次のアクションを起こしていくマーケティング手法のこと。デジタルマーケティング技術が発展し、様々なデータが可視化できるようになったことや、Webの登場で顧客の行動が複雑化したことなどから、近年注目されている。

ノヤンのつぶやき

ノヤン昔のマーケティングは、使うチャネル(ヴィークル)によってマスメディアを使うマスマーケティングと、ダイレクトメディアを使うダイレクトマーケティングに分かれておったんじゃ。その中でDMやカタログ通販を主なチャネルとしていたダイレクトマーケティングでは、昔からデータドリブンだったんじゃよ。RFM分析やクラスター分析、そしてハフモデルなどは、このダイレクトマーケティングの中から生まれたものなんじゃよ。