マーケティングキャンパス 基礎から実践までBtoBマーケティングを学ぶサイト

ホーム > コラム > BtoBマーケティングの“これから”の話をしよう

BtoBマーケティングの“これから”の話をしよう

テクノロジーの進化やグローバリゼーションの加速によって、BtoBマーケティングの世界にも、変化が訪れようとしています。最新の動向や未来予測などを紹介しながら、BtoBマーケティングの“これから”を考えていくコラムです。 text:シンフォニーマーケティング代表取締役 庭山一郎

私のマーテック観察の流儀

2000年にEloquaが誕生してからわずか18年の間にマーケティングソリューションの数は7,000を超えました。日々新たなツールが生まれ進化していますが、マーケティングの本質は変わりません。変わったことは、マーケティングを実現するための技術なのです。

2018.12.03

実数で語れないBtoBマーケターは生き残れない

マーケターは計画や成果をパーセンテージで語る傾向があります。しかし、これは日頃マーケティングに関わらない人には難解な別の言語で、実は伝わっていないということが度々生じています。これらを回避するために、マーケターは実数を語るべきです。

2018.10.09

「闘志」は最も頼りになる経営資源

「闘志」や「責任感」を時代錯誤の精神論だと考える人は多く、それは古き良き昭和の時代で、現代はそんなものに頼らずに、ロジカルにテクノロジーで戦う時代と言われています。でも私はビジネスや戦争において、「闘志」は時にもっとも強力な経営資源になり得ると考えています。

2018.08.06

欧米で50代のマーケターが最も活躍している理由

欧米ではあまり見られない「キャリアの断絶」。これを乗り越えてナレッジを共有しないと人材の厚みが出てきません。

2018.05.24

これからのマーケターに必要なスキルとは?

ハイテクとハイタッチがバランスする世界だからこそ、マーケターにとって必要なスキルは社内コミュニケーションスキルなのです。自社や営業部門の悪口を言ってる場合ではないのです、というお話。

2018.05.08

グレたAIはマーケターを助けてくれない

デジタルマーケティングを語るときに必ずと言って良いほど登場する「AI」。その期待値が高ければ高いほど、役に立たなかった時の失望は大きいものです。機械学習とは「放っておいても育つシステム」ではありません。どうしたら「役に立つAI」に育ち、どうしたら「役に立たない不良AI」になってしまうのか?を書いてみました。

2018.03.22